システムトレードの魅力を皆様へ。

3.FXの魅力

3.FXの魅力 はコメントを受け付けていません。

FXが持つ魅力を解説します。
他の投資とは異なる、FXの特性を理解しましょう。

 

手数料が無料

他の投資商品に比べて手数料が安いのです。FXは人気の高さから取り扱い会社も多く、ほとんどの会社が無料で行っています。株式を売買した場合、金額によって大幅に手数料が変わってきますが、FXの実質的な手数料は「スプレッド」のみです。株式を経験している方から見ると「激安」と言っても良いレベルです。

 

 

倒産リスクがない

株式と比べて、FXの取引対象である「通貨」は倒産のリスクがありません。株式会社が潰れる可能性はあっても、ドルや円などの通貨が廃止になることは、まず考えられないと皆さんも理解できると思います。一方、資金減少のリスクも容易にコントロールが可能です。簡単に言うと、取引口座に入れるお金の中で使って良いお金と、使ってはいけないお金に分けることが必要です。コントロールできる方には、十分に安全な投資です。

 

24時間取引可能

外国為替はインターバンク市場という場所で行われています。市場といっても、取引所を設けて行っているわけではなく、世界各国の銀行等の金融機関がインターネット上で取引を行っています。

その為、FXのユーザーは土日を除き24時間取引を行うことが可能です。もちろん朝までトレードをしていたら、日常生活に支障が出てしまいますが…「自動売買」とっては24時間という長い取引可能時間が大きな利点になります。

少額でもスタート可能

株式では、10万円の資金で買える銘柄は限られてしまいますが、FXなら10万円の資金でも人気のドル円やユーロドルなど、主要通貨で取引が可能です。また、株式で国内最大の市場の東証(東京証券取引所)と取引高と比べても、東証が1年間かけて行う売買金額をFX市場は2日間程で消化します。日々豊富な出来高があり、株式のようにマイナーな銘柄を購入したせいで売れない・・という現象は絶対に起きません。

 

レバレッジで大きな取引

FXは「レバレッジ」を効かせることで、資金以上の大きなお金を動かすことが可能です。株式の信用取引では資金の3倍までのお金を動かすことができますが、FXでは25倍まで可能です。

レバレッジの詳細は前項で詳しく解説しています。

2.レバレッジについて

 

 

スワップポイントを毎日取得

FXでは、通貨の金利を利用して、銀行の利息の様に「スワップポイント」と呼ばれるお金を毎日受け取ることができます。

各国の通貨には金利があります。日本は0.1%という世界的な低金利ですが、豪州などは2.5%という高金利。この金利差を利用して、他国の通貨を保有している日数分のスワップポイントを受け取ること可能です。

▼各国の金利一覧

swap4

スワップは 「毎日受け取れる」 点が魅力ですね。

豪州ドルのスワップポイントが40であれば、仮に200万通貨購入すると毎日8,000円を得ることが可能になります。 (200万通貨建てに800万円と、ロスカットされないだけの証拠金余力が必要ですが)

 

自動売買が充実

FXは自動売買が充実している市場です。

高性能ストラテジーを組み込んだEAが利用できるMT4(メタトレーダー4)や、無料でストラテジーを選べるミラートレード、素人でも簡易的にストラテジーが作れる取引会社など、自動売買を行う環境が充実しています。

株式ではシステム以前に景気に左右される側面が強い為、好景気時に投資を始めれば、知識が無くとも勝ててしまうことがあります。逆に下げ相場に直面すれば、為す術もなく損をする可能性があります。下げ相場を避ける為に短期間のデイトレードを行うと、高額な手数料の問題に直面するでしょう。景気に左右されず、実質手数料の掛からないFXだからこそ、自動売買システムが大きな発展を遂げた一因になっています。

 

 

買い・売り どちらでも取引がスタート可能

FX取引では、値上がりすると予想をしたら通貨を買い、予想通りに値上がりしたら売却することで利益を得ます。逆に値下がりすると予想をしたら通貨を売り、買い戻すことで利益を狙うことも可能です。

株式では専用の口座を開かなければ出来ない「売り」からの取引が、FXでは自由に行えるようになっています。

parts8

 

関連記事

コメントは利用できません。

MT4自動売買でコスト最安の取引会社

口座開設

システムトレード販売の最大手 FX-ONに出品中♪

bana1 bana1

スポンサードリンク

DMM FX×あいまいみー

スポンサードリンク

お名前.com Windowsデスクトップ

管理人Yossy

管理人Yossy

自動売買ソフト(EA)を制作しています。
勝率と利益率の高いストラテジーを追求。